手芸一般

編み物で肩こり頭痛…私がオススメの解消法!

編み物中の肩こりや頭痛って、編み物好きな人ならよくあるお悩みだと思います。

私も、編み物に長時間夢中になったあとは、肩がバッキバキになります(゜_゜)
ひどいときは、感覚が鈍くなってるくらいです…。

編み物って、気がついたら肩に力が入ってるんですよね、それで凝るんだと思います。

ということで今回の話題は、編み物中の肩こり対策についてです♪

編み物の肩こり対策

まず、肩こりの原因って、血行不良による筋肉の緊張によるものです。

ずっと同じ姿勢でいると、特に肩こりになりやすくて、編み物は、動かすのは手元だけなので肩こりになりやすいのも当然ですね。

反対に、動いていたほうが血行は良くなって肩こりもしにくくなる!ということで、

編み物中の肩こり対策としては、「長時間同じ姿勢でいない」ように気をつけると、だいぶ変わってくると思います^^

特に編み物を始めたばっかりだと、編み方の勉強をしつつの編み物になるんで、集中もするでしょうし、力が入っちゃうと思います(*_*)

なので、編み物中は是非こまめに肩を上下させてみたり、背伸びをしてみたりして凝りをほぐしてください^^

あとは疲れたな、と感じたらいったん休憩するのが一番◎

あんまり熱を注ぐと、疲れ果てて手をつけたくなくなったりしますから(´・ω・`)

私はそれでいくつかお蔵入りになった編み物があります。笑

なので、編み物はのんびりコツコツやるのが一番♪と、思っています^^

まあでも、編み物って地味な作業ですけど、編んでいると無心になってやめられなくなるんですよね。

やめなきゃ!と思いつつ、結局夜中まで続けていたり。

それでもやっぱり、疲れていると目を拾い忘れたり、編み間違えたりが増えたりするんで、編み間違えをしだしたらその日の編み物はおしまいにしよう!と思うようにしています(*´ω`)

編み物をするとき楽な姿勢は?

編み物を床に座ってするときには、姿勢良く背筋を伸ばしてするよりも、猫背にして編んでいく方が肩こりはしないです。

見た目はちょっとかっこ悪いですが。

楽な姿勢だったら、ソファなんかに座ってするのが一番楽です◎

腰の後ろにクッションを置いて、なるべく背中が伸びるようにして背もたれにもたれて、手元は胸のあたりにあるようにしておくと楽です^^

肩こりにもなりにくいし、その方が指も動かしやすいと思います◎

私は膝にもクッションを乗せて、その上で編んだりしています。

角度でいうと、肘が直角に曲がるくらいですかね^^

肘置きあるとさらに良いです♪

こんな感じの肘置きクッションがあっても良いかもしれません^^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マイクロビーズクッション【肘置き 読書 冷え性 体にフィット】
価格:5454円(税込、送料別) (2018/6/27時点)

肘が浮いていると肩に力が入るので(*_*)

とにかく身体に力が入らないような姿勢にしておくのが大事です(*^^*)

まとめ

以上、編み物中の肩こり対策や、楽に編める姿勢についてのお話しでした(*^^*)

肩こりもそうですけど、変に力がはいった姿勢を続けていると、手首にも力が入って痛くなったりするので、ゆったりくつろぐときの姿勢で編むといいですよ^^

やりやすい姿勢は個人差もあるかもですが、編み物中の肩こりにお悩みの方は、是非今回の記事を参考にやってみてください(*^^*)

編み物の肩こりが解消されて、快適に編み物ができますように…!