アクセサリー

くるみボタンヘアゴムの作り方と裏面のゴムの結び方

お仕事で髪を結ばないといけなかったり、制服でお仕事している方は、せめてヘアゴムでおしゃれを楽しみたい♪なんて思うこともあると思います(*^^*)

手芸を始めたばかりの人でも簡単にできますし、お子さんへのプレゼントとしても良いですよね♪

今回は、そんなくるみボタンヘアゴムの作り方についてご紹介していきます(*^^*)

くるみボタンヘアゴムの作り方

<準備するもの>

くるみボタンヘアゴムの作り方と裏面のゴムの結び方

・ゴム紐

・布

・フェルト

・くるみボタン

・針

・糸

・はさみ

布は今回刺繍をしたので、無地にしてます^^

フェルトはなくても◎
糸は今回刺繍糸を使いましたが、なんでもいいです◎

①フェルトの準備

くるみボタンヘアゴムの作り方と裏面のゴムの結び方

今回は、くるみボタンの裏側をフェルトにしようと思います♪

フェルトをくるみボタンの大きさに合わせて切って、

くるみボタンヘアゴムの作り方と裏面のゴムの結び方

真ん中のゴムを通す部分に切り込みを入れておきます。

②布の準備

くるみボタンヘアゴムの作り方と裏面のゴムの結び方

今回は、菜の花の刺繍にしてみました~♪

蝶々の触覚?が目立ちすぎてるような気がしますが、気にしません。

くるみボタンヘアゴムの作り方と裏面のゴムの結び方

○はくるみボタンの大きさです。
2㎝くらい余裕を持って、丸く切りましょう♪

③くるみボタンに布を縫いつける

くるみボタンヘアゴムの作り方と裏面のゴムの結び方

布の端の方をぐるっと一周、軽く波縫いします。
あとで引っ張るので、細かくしないで、ざっくりと縫います。

玉止めはまだしません(*^^*)

くるみボタンヘアゴムの作り方と裏面のゴムの結び方

くるみボタンを布の真ん中に置いて、糸を引っ張るとこんな感じになります。

ちょっと切るときに余裕を持たせ過ぎた感じがありますが、大丈夫です◎

くるみボタンヘアゴムの作り方と裏面のゴムの結び方

何回か針を通します。

私はいつも、こんな感じで通していますが、見えない部分なので適当で大丈夫です◎

 

糸を引っ張って、布にシワがよらないようにします。

くるみボタンヘアゴムの作り方と裏面のゴムの結び方

あんまり糸を引っ張り過ぎると、柄が伸びてしまうこともありますし、位置がずれていないか確認しながら絞っていきましょう(*^^*)

以前、水玉模様の布で作ったら、丸が伸びて楕円形になってしまったことがあります…

⑤裏側の金具を留める

くるみボタンヘアゴムの作り方と裏面のゴムの結び方

裏側の金具をぐっと押し込んではめます。
向きにも気をつけておきます。

この時、ある程度布が伸びるので少しくらいシワが残っていても大丈夫です(*^^*)

はめるとき用の道具もありますが、なくてもいけると思います◎

⑥フェルトをボンドで貼る

くるみボタンヘアゴムの作り方と裏面のゴムの結び方

⑦ゴムを結ぶ

くるみボタンヘアゴムの作り方と裏面のゴムの結び方

ゴムひもは、手首の長さに合わせて切るといいです◎

結ぶとき用に長めに切ります。

⑧くるみボタンにゴムをつけて、完成☆

くるみボタンヘアゴムの作り方と裏面のゴムの結び方

出来上がりました~♪

くるみボタンキットを使って、針と糸を使わないで作る方法もあります!

くるみボタンヘアゴムのゴムの結び方

くるみボタンを作るときのゴムの結び方ですが、ゴムの結び目が隠れるように結ぶ方法をご紹介しておきます♪

ゴムは先に“から結び”で結んでおきます◎

そして、

くるみボタンヘアゴムの作り方と裏面のゴムの結び方

くるみボタンの穴にゴムを通します。

写真で説明すると、左側を右側の結び目の方の穴に通します。

そうすると、

くるみボタンヘアゴムの作り方と裏面のゴムの結び方

こんな感じで、結び目を裏側に隠すことができます^^

まとめ

以上、くるみボタンヘアゴムの作り方をご紹介しました(*^^*)

好きな刺繍で作ったり、好きな柄の布が余ったりした時に是非☆

簡単に作れるので、手芸初心者さんでも簡単に作れますよ♪